シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:
kawamura@simpral.com 


逐条解説会社法

 
 
     
     
     
     
     
     
     
     
★★第4巻 機関・1  
★第4章 機関  
☆☆第1節 株主総会及び種類株主総会   
☆第1款 株主総会  
     
     
     
◆317条(延会又は続行の決議)  
  ◇1 沿革 
  ◇2 制度趣旨
    会議体においては、議事に入らないまま後日に延期したり、議事に入ったが審議が終わらないまま後日に継続することができるのは当然。
    延期・続行の決議に基づいて後日開催される総会⇒継続会。
延期の決議によるもの⇒延会
続行の決議によるもの⇒継続会
ということもある。
    継続会は、初めの総会と同一の総会。
それを株主総会の決議で決めた場合には、継続会について招集の決定および召集の通知の手続きをあらためて採らなくてよいことを規定。
     
  ◇3 解釈上の問題点、実務上の問題点 
    延会・続行は総会に諮って決すべきで、議長が独断で決めることは許されない。
    取締役会設置会社⇒継続会においても新たな議題を追加できない(309条5項)。
    継続会の開催日は、初めの総会から相当の期間内であることを要する。
間があく⇒あらためて招集手続をとる必要がある。
「相当の期間」の目安としては、招集手続を採るのに必要な期間と考えるのが適切。
     
    継続会は初めの総会と同一⇒
初めの総会で議決権を行使できた者が、継続会においても議決権を行使できる。
書面投票・電子投票や委任状も、撤回されない限り、継続会で効力を有する。
議決権行使の基準日を定めている場合(会社法124条)、初めの総会の会日が基準日から3か月以内⇒継続会の会日が3か月を超えても差し支えない。