シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:
kawamura@simpral.com 


働き方改革法

「働き方改革法」の概要と実務への影響
    平成30年6月29日の参議院本会議で可決成立⇒7月6日に公布
  ★T 働き方改革推進法の全体概要 
  ◆1 働き方改革推進法の概要 
  ◇(1) 働き方改革の総合的かつ継続的な推進 
  ■(ア) 基本的理念
  ■(イ) 国の施策 
  ■(ウ) 事業主の責務 
     
  ◇(2) 長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等 
  ■(ア) 労働時間に関する制度の見直し 
  □(a) 時間外労働の上限規制 
     
  □(b) 中小企業における月60時間超の時間外労働に対する割増賃金の見直し 
     
  □(c) 年次有給休暇制度の改正 
     
□    □(d) フレックスタイム制の見直し 
     
  □(e) 高度プロフェッショナル制度の創設 
     
  □(f) 労働安全法における労働時間の状況の把握義務 
     
  ■(イ) 勤務間インターバル制度の普及・促進等 
     
  ■(ウ) 産業医・産業保健機能の強化 
     
  ◇(3) 雇用形態にかかわらない公正な対偶の確保(いわゆる同一労働同一賃金) 
  ■(ア) 不合理な待遇差を解消するための規定の整備 
□    □(a) 均衡待遇 
  □(b) 均等待遇 
  □(c) 派遣労働者 
  □(d) ガイドラインの根拠規定 
     
  ■(イ) 労働者に対する待遇に関する説明義務の強化 
     
  ■(ウ) 行政による履行確保措置および裁判外紛争解決手続(行政ADR)の整備 
     
  ◆2 働き方改革推進法の施行時期 
     
  ★U 働き方改革推進法の重要ポイントと企業実務への影響 
  ◆1 36協定の締結 
  ◇(1) 協定事項の変更と上限時間 
     
  ◇(2) 新たな罰則規定 
     
  ◇(3) 36協定についての経過措置 
     
  ◇(4) 36協定の中小企業経過措置 
     
◆    ◆2 上限規制に向けた就業規則改定 
     
  ◆3 時間外労働の削減に向けた取組み 
◇    ◇(1) サービス内容の変容 
     
  ◇(2) 労使双方の意識改革 
     
  ◇(3) 労働時間に関する制度整備 
     
  ◇(4) 労働効率の向上のための取組み 
     
  ◇(5) 労働時間削減を評価するシステム
     
  ◇(6) 自己チェックシステム 
     
  ◇(7) 取引契約書における労務コンプライアンス条項等 
     
  ◆4 中小企業の割増賃金率 
     
  ◆5 年次有給休暇の付与義務 
     
  ◆6 フレックスタイムの清算期間の見直し 
  ◇(1) 労使協定の届出 
     
  ◇(2) 就業規則の変更 
     
  ◇(3) 割増賃金の複雑化 
     
  ◆7 改正労働安全衛生法による労働時間の状況把握義務 
     
  ◆8 高度プロフェッショナル制度 
     
  ◆9 参議院厚生労働委員会での附帯決議 
     
     
  ★V まとめ