シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:
kawamura@simpral.com 


遺産分割・遺留分の実務

★第1編 遺産分割手続  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
★第2編 遺言・遺留分  
     
     
     
     
☆第16章 遺留分制度の概説  
  ◆1 意義
     
  ◆2 遺留分権利者(遺留分権を有する相続人) 
     
  ◆3 遺留分の割合(遺留分率) 
     
  ◆4 遺留分額の算定 
  ◇(1) 遺留分の算定の基礎となる財産額 
    遺留分算定の基礎となる財産額=
@被相続人が相続開始時に有していた財産の価額+
A贈与財産の価額ー
B相続債務の全額

Aは、被相続人が死亡する直前に所有財産のほとんどを他人に贈与していた場合には、遺留分制度の目的が達成できなくなる。
  ◇(2) 加算される贈与 (p452)
    @相続開始前の1年間にされた贈与
=贈与契約が相続開始前の1年間に締結されたことを意味する
    A遺留分の権利者に損害を加えることを知った贈与
「損害を加えることを知って」とは、遺留分を侵害する認識があればよい。
    B不相当な対価でなされた有償処分
〜対価を差し引いた残額が贈与として加算される。
     
  ※設例16−4:生命保険金受取人の変更 
受取人をAの父名義に変更することは、減殺の対象とならない。
被相続人Aの父が取得した死亡保険金請求権は、遺留分額に加算される贈与に当たらない。

@死亡保険金請求権は、指定された保険金受取人が自己の固有の権利として取得するのであり、保険契約者又は被保険者から承継取得するものではなく、これらの者の相続財産を構成するものではないというべき。
A死亡保険金請求権は、被保険者の死亡時に初めて発生するものであり、保険契約者の稼働能力に代わる給付でもないのであって、死亡保険金請求権が実質的に保険契約者又は被保険者の財産に属していたものとみることもできない。
(最高裁)
     
    C特別受益としての贈与
〜特段の事情のない限り、相続開始1年前であるか否かを問わずまた、損害を加えることの認識の有無を問わず、すべて加算される。
  16−5:持ち戻しを免除された贈与価額の取扱い 
持ち戻し免除の意思表示がある場合においても、その贈与は、遺留分算定の基礎となる財産に算入される。

遺留分制度の趣旨等に鑑みれば、被相続人が、特別受益に当たる贈与につき、当該贈与に係る財産の価額を相続財産に算入することを要しない旨の意思表示(「持戻し免除の意思表示」)をしていた場合であっても、上記価額は遺留分算定の基礎となる財産額に算入される。
(最高裁)
     
  ◇(3) 基礎財産への参入が問題となる財産 
     
  ◇(4) 控除される債務 
     
  ◇(5) 遺留分算定の基礎となる財産の評価 
    @過去の贈与の評価基準時:
相続開始時 
    A贈与財産の評価方法:
贈与された金銭の額を物価指数に従って相続開始の時の貨幣価値に換算する 
    B遺留分を算定する場合における鑑定人の選任 
     
  ◇(6) 遺留分額
     
     
     
  ◆5 算定式のまとめ 
     
     
     
☆第17章 遺留分減殺請求権 (p459)
  ◆1 意義 
    遺留分の減殺:
被相続人が自由分を超えて贈与や遺贈を行ったため遺留分が侵害されたときに、
受遺者や受贈者などに対して、その処分行為の効力を奪うこと

遺留分減殺を内容とする相続人の権利:遺留分減殺請求権
     
  ◆2 遺留分の減殺を請求できる者 
    @遺留分権利者:
兄弟姉妹及びその代襲者を除く相続人
     
  ◆3 遺留分減殺請求の相手方 
    減殺の対象となる遺贈・贈与の受遺者・受贈者及びその包括承継人
  ◆4 遺留分減殺請求権の行使(p461)
    意思表示の方法によればよく、必ずしも訴えの方法によることを要しない。
裁判外でもよく、裁判で抗弁として主張した場合でもよい。
     
  ◆5 遺留分減殺請求に関する紛争解決手続 
  ◇(1) 裁判所の管轄
    遺留分減殺に関する紛争は、訴訟事項。
管轄裁判所:相続開始時における被相続人の普通裁判籍所在地の地方裁判所又は簡易裁判所。(民訴5条14号)
    but
遺留分をめぐる事件は、被相続人の相続に関する紛争
⇒「家庭に関する事件」として家裁の調停がでこる。(家事法244条)
⇒調停前置(家事法257条)。
「家庭に関する事件」とは、
@親族又はこれに準ずる者との間という一定の身分関係の存在、
Aその間における紛争の存在、
B人間関係調整の余地の存在の
3つの要素を備えている事件。
    遺留分に関わる事項は、家事事件手続法別表第2に定める審判事項ではなく、その他の過程に関する事件(一般調停事件)
⇒調停不成立の場合には、家庭裁判所の審判ではなく、民事訴訟で解決。(家事法272条3項)
  ◇(2) 調停事件の申立て 
    @
    A
    B管轄:
相手方の住所地の家庭裁判所又は当事者が合意で定める家庭裁判所(家事法245条1項)
民訴法で定められている被相続人の相続開始時の住所地(民訴5条14号)に管轄はない。
   
    D
     
  ◇(3) 受遺者又は受贈者からの調停申立て 
     
   
     
     
  ◆6 遺留分減殺請求の効果 
  ◇(1) 基本的効力
     
  ◇(2) 遺留分減殺請求権の法的性質 
     
  ◇(3) 第三者との関係
     
  ◇(4) その他の効力 
     
     
     
  ◆7 遺留分侵害額(p468)
  ◇(1) 遺留分侵害額の算定 
    遺留分侵害額=
遺留分額ー
(遺留分権利者が相続によって得た財産額ー相続債務分担額)ー
(特別受益額+遺贈額)
     
  ◆8 遺留分減殺の順序(p478)
  ◇ (1) 遺贈と贈与
    @まず遺贈から減殺する。
     
     
  ◆9 遺留分減殺請求権と価額弁償(p488)
  ◇(1) 現物返還 
     
  ◇(2) 現物返還に代わる価額弁償(減殺請求の相手方からの価額弁償権) 
     
     
  ◆10 遺留分減殺請求権の法律関係(財産の分割手続)(p498) 
     
  ◆11 遺留分減殺請求権行使の制限(p503)
  ◇(1) 遺留分減殺請求権の消滅時効 
    遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈のあったことを知った時から1年。
相続開始時から10年。