シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:
kawamura@simpral.com 


家事事件手続法(逐条解説)

割賦販売法(2018年9月11日) 松尾弁護士  
★T 割賦販売法の全体像  
  ◆1 制定の経緯
  ◆2 制定後の法改正の経緯と概要
     
     
     
     
★★第2編 家事審判に関する手続  
★☆第1章 総則  
☆☆第1節 家事審判の手続  
     
     
     
     
★第4款 事実の調査及び証拠調べ  
     
     
☆62条(調査の嘱託等) (p208)
  ◆1 本条の趣旨
  ◆2 調査の嘱託 
  ◆3 報告の請求 
     
     
★★第3編 家事調停に関する手続  
★☆第1章 総則  
     
     
☆☆第3節 家事調停の手続  
☆258条(家事審判の手続の規定の準用等)  
  ◆1 本条の趣旨 
  ◆2 当事者参加(本条第1項において準用する第41条) 
     
     
  ◆7 家事調停の手続における事実の調査および書庫調べ(本条第1項において準用する第56条から第62条までおよび第64条、本条第2項)
     
  ◇(7) 調査の嘱託等(第62条の準用) (p782)
    家事調停の手続においても必要な調査を官庁等に嘱託するのが調停に必要な資料を機動的に収集する上で有効な場合がある

本条第1項で、家事審判の手続における調査の嘱託の規定(第62条)を準用。
     
     
  ◇(9) 家事調停の手続における証拠調べ(第64条の準用) 
    家事調停の手続においても、必要な資料の提出および収集のために証拠調べをすることが認められる。