シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:
kawamura@simpral.com 


刑事弁護ビギナーズ

論点の整理です(随時増やしていく予定です。)

身柄拘束と刑事手続の流れ
  ◆逮捕
⇒最大72時間、身柄を拘束される。
  ◆勾留
原則10日
裁判官がやむを得ない事由があると判断⇒さらに10日以内の延長(勾留延長)
 



★第1章 接見・取調べ
  ◆第1 接見
◇    ◇1 接見の重要性 
  ◇2 接見における基本的姿勢 
  ◇3 接見の頻度・時間
  ◇4 初回接見の留意点 
  ◇5 接見にまつわる問題点 
◇    ◇6 差入れ・宅下げ 
     
◆    ◆第2 被害者へのアドバイスと弁護方針の決定 
  ◇1 弁護方針の決定
◇    ◇2 目標を見据えた弁護活動 
  ◇3 取調べへの対応
  ■(1) 取調べの実態と被疑者へのアドバイス 
  □ア 取調べ受忍義務と黙秘権の現状 
    「起訴が確実である否認事件等」、黙秘を勧めることが極めて有効な弁護戦術となる事件
  □イ 取調べ・調書作成のやり方と実態 
    作成された供述調書が検察官立証の核となり、また、裁判所も供述調書を事実認定の中心的資料として利用することとなる。
調書に書かれた内容を公判で覆したり変更したりすることには困難が伴う。
  □ウ 被疑者へのアドバイス 
    @黙秘すること、A供述調書を作成しないことは、
法に認められた権利であり、むしろ原則であること、
権利を行使することは悪いことではないこと
という説明を丁寧にする。
  ●(ア) 黙秘について 
  ◎(i) 黙秘権行使は重要な選択肢のひとつ 
    黙秘権行使を選択するメリットが多い事件:
@殺意をはじめ、故意などの主観面に争いのある事件
←殺意がないと主張しても、捜査機関は「死んでもいいと少しは思っていただろう」などと被疑者を説得し、その結果、被疑者が主張し続けることをあきらめてしまうことがある。
A捜査機関が客観的な証拠を集められない事件
〜被疑者の供述がなければ、不起訴となる率が高い。
B被疑者の事件の記憶が曖昧な事件
〜客観的証拠を確認できない段階で供述をとられることにより、不合理な供述になってしまうおそれがある。
    黙秘権を放棄し供述するメリットがある事件:
被疑事実を争わない事件で、身体拘束からの早期の解放をめざす事件
  ◎(ii)  黙秘権を行使する場合の注意点
     
  ●(イ) 取調べにおける供述について 
     
  ■(2) 取調べの可視化 
     
  ◇4 捜索・差押え 
  ◇5 余罪捜査 
     
     
★第2章 身体拘束からの解放  
  ◆第1 身体拘束等の手続 
  ◆第2 被疑者勾留に対する弁護活動 
  ◇1 勾留請求前 
  ◇2 勾留請求後、勾留決定前 
  ◇3 勾留決定後 
     
  ◆第3 勾留延長に対する弁護活動 
  ◇1 勾留延長請求前 
  ◇2 勾留延長請求後、勾留延長決定前 
  ◇3 勾留延長決定後 
     
◆    ◆第4 接見等禁止に対する弁護活動 
  ◇1 準抗告・抗告 
  ◇2 一部解除申立て 
     
◆    ◆第5 不起訴に向けた弁護活動 
  ◇1 検察官と接触する時期 
  ◇2 検察官に提供する情報と注意点 
     
★第3章 受任・終了手続
◆    ◆第1 接見 
  ◇1 当番弁護士制度 
◇    ◇2 受任に際して 
     
  ◆第2 国選での受任 
  ◇1 国選対象事件 
  ◇2 国選事件の受任までの流れ 
◇     
   
   
   
     
◆    ◆第3 国選弁護人としての弁護活動 
◇     
   
   
     
◆    ◆第4 国選事件の終了 
◇     
   
   
     
★第4章 弁護人による証拠収集  
  ◆第1 調査の準備  
  ◇1 基礎的な情報収集 
  ◇2 証拠開示 
     
◆    ◆第2 弁護人による調査活動と記録化 
  ◇1 行政機関、事業者等への照会 
  ◇2 関係者からの事情聴取 
  ◇3 現場の調査
  ◇4 調査の記録化、証拠化 
  ◇5 弁護人が独自に作成・収集できる証拠 
     
  ◆第3 捜査機関を活用した証拠収集 
◇    ◇1 還付請求、仮還付請求、押収に対する準抗告 
  ◇2 追加捜査の要請 
     
  ◆第4 裁判所の手続 
◇    ◇1 勾留理由開示公判
  ◇2 証拠保全(刑事、民事)
  ◇3 公務所照会
  ◇4 取寄せ請求
  ◇5 差押え、提出命令 
  ◇6 検証、鑑定 
     
  ◆第5 捜査段階における注意点 
  ◇1 証拠の保全 
  ◇2 被疑者の供述の保全
  ◇3 取調べに関する抗議等
  ◇4 捜査機関への証拠提出の検討
     
     
★第5章 公判手続  
     
     
★第6章 証拠・実践編  
     
     
★第7章 公判前整理手続  
     
     
★第8章 保釈  
     
     
★第9章 尋問技術  
     
     
★第10章 情状弁護  
  ◆第1 情状弁護とは 
  ◇1 情状弁護の意義 
◇    ◇2 行為責任(=量刑の大枠)を意識する 
     
  ◆第2 事実を争う情状弁護 
  ◇1 犯情に関わる事実を争うか否か・・・争うことをためらう必要はない 
  ◇2 犯情に関わる事実を争う具体的な方法・手順
     
◆    ◆第3 情状弁護の実践 
  ◇1 接見の重要性 
  ◇2 犯情を立証するための被告人質問の重要性 
  ◇3 被告人の反省 
     
  ◆第4 被害の回復をめざす 
  ◇1 示談の心得 
◇    ◇2 被害者の連絡先の入手 
◇    ◇3 交渉の手順 
  ◇4 示談等の証拠化 
  ◇5 被害弁償金に応じてもらえない場合の対応 
◇    ◇6 関係者多数の場合 
◇    ◇7 刑事和解 
     
◆    ◆第5 関係者を探す 
◇    ◇1 情状証人 
  ◇2 知人や第三者による減刑を求める嘆願書・署名など 
     
◆    ◆第6 社会資源・専門家とつながる 
  ◇1 「社会に戻った後の生活」への注意の高まり 
◇    ◇2 生活環境の安定 
  ◇3 専門機関との連携および治療・回復 
  ◇4 情状鑑定 
  ◇5 自助グループ等との連携 
     
★第11章 最終弁論と最終陳述  
  ◆第1 最終弁論の目的 
◆    ◆第2 最終弁論の構成と方式 
  ◇1 「自由」であること
◇    ◇2 最終弁論の内容 
◇    ◇3 最終弁論の方式 
   
◆    ◆第3 最終弁論の方法 
  ◇1 最終弁論の時期 
  ◇2 陳述の方法
  ◇3 証拠の引用
     
◆    ◆第4 被告人の最終陳述 
◇    ◇1 陳述するべき事項
  ◇2 事前の打合せ
  ◇3 書面を作成する場合とその際の注意点
  ◇4 意見陳述の方法における留意点
     
     
  ★第12章 上訴審
     
     
     
★第13章 障がいのある人の弁護
     
     
★第14章 責任能力が問題になる弁護活動
     
     
★第15章 医療観察法  
     
     
★第16章 受刑者の処遇