シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:
kawamura@simpral.com 


離婚調停・離婚訴訟(改訂版)

  離婚調停・離婚訴訟(改訂版)(秋武・岡)
★第1章 離婚調停  
     
     
     
★第2章 離婚訴訟の審理  
     
     
     
★第3章 離婚訴訟における主要な論点  
◆    ◆T 離婚原因(民法770条1項1号〜5号) 
     
     
  ◆U 有責配偶者からの離婚請求 
     
  ◆V 子の監護者の指定(民法819条2項) 
     
     
  ◆W 子の監護に関する処分・・・養育費、面会交流(民法766条1項・2項) 
     
     
  ◆X 財産分与(民法768条) 
  ◇1 財産分与制度の沿革 
     
  ◇2 財産分与の概観 
     
◇    ◇3 清算的財産分与における財産分与の基本的な算定方法 
     
◇    ◇4 清算と評価の基準時 
     
     
  ◇5 対象財産 
  ■(1) 特有財産の除外 
    財産分与の対象:
名義の如何を問わず、婚姻後夫婦が協力して取得した財産。
    特有財産は、清算的財産分与の対象から除外される。
・婚姻前から有していた財産
・婚姻後に取得したものであっても、親族等か贈与を受け、又は相続した財産など。
    不動産などの財産を取得した原資が相続財産であるのか、夫婦の収入からの預貯金なのかが争われるケース。
証拠上、特有財産かどうか不明なものは、民法762条2項の趣旨⇒分与対象財産と推定するのが原則。
民法 第762条(夫婦間における財産の帰属)
夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。
2 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。
    特有財産でも、その維持に他方の寄与があった場合⇒寄与があった限度で財産分与において考慮。
通常、財産分与
     
     
     
     
     
     
  ◇6 扶養的財産分与 
     
  ◇7 財産分与の方法 
     
  ◇8 財産分与の手続 
     
◇    ◇9 人事訴訟における財産分与の審理の実際 
     
     
     
     
     
     
     
     
  ◆Y 年金分割(厚年78条の2第2項等) 
     
     
     
★第4章 障害離婚事件