シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室TEL(06)6363-1860
MAIL    MAP


論点整理(刑法(学者))

論点の整理です(随時増やしていく予定です。)



刑法各論(第7版)
(西田典之・橋爪隆)
★第1編 序論  
     
     
★第2編 個人的法益に対する罪  
☆第1章 生命に対する罪  
     
     
☆第2章 身体に対する罪  
     
     
☆第3章 自由に対する罪  
  ◆第1節 総説 
     
◆    ◆第2節 脅迫罪・強要罪(p75) 
  ◇1 総説 
    脅迫罪:他人の生命、身体、自由、名誉または財産に対し害を加える旨を告知する行為
    保護法益:
×A:生命、身体等の安全感、私生活の平穏
vs.
実際には、脅迫はなんらかの目的を有するうのが通常
この目的部分が明白
⇒強要、強制性交等、強盗、恐喝等
but
現実には、暗黙のうちに何かを要求しているが、明示されない場合も多い。

脅迫は、要求行為の手段の点のみを独立して犯罪類型化し、併せて、立証の権限を図る趣旨をも有する。
〇:意思決定の自由に対する危険犯

強要罪は、意思決定の自由、意思活動の自由を侵害する実害犯。
     
  ◇2 脅迫罪
    刑法 第222条(脅迫) 
生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。
  ■1 危険犯 
    脅迫:一般人をして畏怖せしめるに足る害悪の告知
  ■2 加害の対象 
     
  ■3 告知の内容
     
  ■4 告知の方法 
     
  ◇3 強要罪
    刑法 第223条(強要)
生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。
  ■1 手段 
     
  ■2 客体 
     
  ■3 結果 
    「義務のないことを行わせ」:
自己になんらの権利・権能がなく、したがって、相手にその義務がないのに、作為、不作為または忍受を強制すること。
     
     
☆第4章 秘密・名誉に対する罪  
     
     
☆第5章 信用および業務に対する罪  
     
     
☆第6章 財産に対する罪  
  ◆第1節 財産罪総説(p148) 
  ◇1 刑法における財産の保護 
     
  ◇2 財産犯の分類 
  ■1 財物罪と利益罪
     
  ■2 全体財産に対する罪と個別財産に対する罪
     
  ■3 領得財と毀棄罪 
     
     
     
     
  ◆第4節 詐欺罪(p206) 
    刑法 第246条(詐欺) 
人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。
  ■1 客体 
  □(1) 財物 
     
  □(2) 財産上の利益 
    財産上の利益:財物以外の財産的利益の一切
     
     
     
     
     
     
  ◆第5節 恐喝罪(p243)
    刑法 第249条(恐喝)
人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。.
    刑法 第250条(未遂罪)
この章の罪の未遂は、罰する。
 
■    ■1 客体 
     
  ■2 恐喝 
    財物または財産上の利益を交付させる手段として行われる暴行・脅迫であって、被害者の犯行を抑圧するに至らない程度のもの。
     
  ■3 処分行為 
     
  ■4 権利行使と恐喝
     
  ■5 多罪との関係