シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:
kawamura@simpral.com 


債権総論(旧)(潮見)

債権総論T
  ◆1 制定の経緯
  ◆2 制定後の法改正の経緯と概要
     
     
     
     
     
     
★☆第3編 債務不履行(履行傷害)  
     
     
     
★第5部 損害賠償請求権(U)・・・効果論 (p307)
☆第1章 損害の意義・・・契約利益の価値実現  
     
     
☆第5章 損害賠償の範囲(U)・・・各論  
  ◆第1節 緒論 
  ◆第2節 遅延賠償(履行遅滞を理由とする積極的利益の賠償) 
     
  ◆第3節 履行請求権と填補賠償請求権の関係 
  ◇第1項 伝統的立場・・・履行請求権から填補賠償請求権への転形 
  ■T 履行請求権から填補賠償請求権への転形とその一元的処理 
  ■U 填補賠償請求権が成立する場合(転形が生じる契機) 
  ●@ 本来の給付を履行請求することができる場合 
  ●A 契約違反を理由として契約が解除される場合 
     
  ◇第2項 履行請求権と填補賠償請求権の同一性をめぐる議論 
  ■T 緒論 
  ■U 填補賠償請求権の消滅時効の起算点をめぐる議論 
     
  ■V 履行遅滞と填補賠償(給付に代わる損害賠償) 
     
     
     
  ◆第4節 「給付に代わる損害賠償」(填補賠償)と価格騰貴・・・「特別損害」としての騰貴価格?
     
     
     
     
★第7部 契約の解除  
     
     
◆    ◆第2節 解除と原状回復(p453)