シンプラル法律事務所
〒530-0047 大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング823号室 【地図】
TEL(06)6363-1860 mail:
kawamura@simpral.com 


要件事実マニュアル5

第11編 家事事件・人事訴訟
第1章 家事事件・審判事件
  ◆1 制定の経緯
  ◆2 制定後の法改正の経緯と概要
     
第3節 夫婦に関する調停・審判事件  
  ◆1 離婚に関する調停 
     
  ◆2 婚姻費用分担調停・審判事件(p110) 
  ◇T 基礎知識 
  ■1 概要 
  ■2 婚姻費用の意義 
    婚姻費用:夫婦(及び未成熟子)によって構成される婚姻家族がその資産・収入・社会的地位等に応じた通常の社会生活を維持するために必要な費用であり、夫婦で分担するものとされる。
    「生活保持義務」
     
  ■3 有責権利者の場合 
    権利者に別居又は婚姻関係破綻の主たる責任⇒義務者の婚姻費用分担義務のうち、権利者の生活費相当部分は減免される(最高裁)。
     
    別居が長期化しているなど、婚姻関係の破綻の程度により婚姻票分担義務が軽減されるとした裁判例もある。
     
  ◇U 申立て 
     
  ◇V 手続 
     
  ◇W 婚姻費用分担額の算定 
  ■1 標準的算定方法 
     
     
  □(3) 標準的算定方式による算定は、時として公平さを大きく欠く結果
⇒分担額を算定した後、それを夫婦それぞれの実収入に加減して、夫婦間に大きな不公平がないかを確認する作業を必ずすべき。
     
  ■2 総収入 
     
     
     
  ■3 算定表を用いない場合 
     
  ■4 子に関する特別な事情がある場合 
     
     
  ■5 特別な出費がある場合 
  □ア 権利者の住居費を義務者が支払っている場合 
    この支出により婚姻費用分担の一部を支払っている。
    but
権利者が、義務者名義の住宅に居住し、義務者がその住宅ローンを支払っている場合、この支払は、将来の義務者の資産形成をしている面もある
⇒この全額を婚姻費用分担金の支払とするのは相当ではなく、この一部のみを婚姻費用分担金の支払と考えるべき。
     
  □イ 婚姻生活維持のために生じた債務を義務者が返済している場合 
    権利者にもその一部を負担させるべき⇒その分、婚姻費用分担額を減額する。
     
     
     
     
  ◆3 養育費に関する調停・審判事件(p127) 
  ◇T 基礎知識 
     
  ◇U 申立て 
  ■1 支払の始期 
     
  ■2 支払の終期 
     
  ◇V 手続 
   
     
  ◇W 養育費の算定 
  ■1 標準的算定方法 
     
  ■2 算定表による場合 
     
  ■3 算定表によらない場合 
     
  ■4 特別な場合 
     
     
  □ウ 私立学校への入学 
     
     
  ◆4 婚姻費用分担額・養育費の増減額調停・審判事件 
     
     
  ◆5 財産分与調停・審判事件(p143) 
  ◇T 基礎知識 
     
  ◇U 申立て 
     
  ◇V 清算的財産分与(p146) 
  ■1 分与の対象 
     
     
  ■2 清算割合 
    特段の事情がない限り、2分の1ずつ。
    清算割合は夫婦それぞれの寄与度によるというのが裁判例の大勢。
     
  ■3 基準時 
     
  ■4 分与方法 
     
  ■5 附随処分 
     
     
  ■6 清算的財産分与各論その1(財産の種類別)(p150) 
     
     
     
  ■7 清算的財産分与各論その2(財産の取得過程、取得態様別) 
     
     
     
  ■8 清算的財産分与各論その3(特有財産との関係) 
     
     
  ◇W 扶養的財産分与 
     
     
     
  ◇X 補足:財産分与と課税 
     
     
     
  ◆6 請求すべき按分割合(年金分割)の調停・審判事件
     
  ◆7 面会交流調停・審判事件
     
  ◆8 監護者の指定・変更、子の明渡し調停・審判事件(p180)
  ◇T 監護者の指定・変更(別表第ニ) 
     
  ◇U 子の引渡し(別表第ニ) 
  ■1 概要 
   
  ■2 子の仮の引渡し 
  □ア 概要 
  □イ 要件 
   
  □ウ 執行期間の制限 
   
  □エ その他 
  ■3 申立て 
  □ア 基礎知識 
  □イ 子に意思能力がない場合 
  □ウ 子に意思能力がある場合 
     
  ■4 子の引渡しの判断基準 
  □ア 判断基準 
     
  □イ 違法な監護の開始の場合 
  ●a 概要 
  ●b 従来の実務 
  ●c 近時の傾向 
     
  ■5 強制執行 
   
  ■6 補足:家事手続以外の子の引渡し 
  □ア 人身保護法に基づく子の引渡し 
  □イ 民事訴訟による子の引渡し 
     
     
  ◆9 その他の夫婦関係の調停・審判事件
     
第6節 相続に関する調停・審判事件(p342)
  ◆1 相続放棄・限定承認に関する審判事件 
     
  ◆2 相続人の不存在に関する審判事件 
  ◇T.相続人不存在の場合の相続財産管理人の選任(別表第1) 
  ■1 概要 
  ■2 申立て
□    □ア 申立権者
    法律上の利害関係人(又は検察官)
    ex.
相続財産を土地収用等する地方公共団体
特別縁故者であると主張する者
受遺者
遺言執行者
     
  □イ 相続財産管理人候補者の記載 
  □ウ 管理費用等の予納 
    相続財産の内容からして相続財産管理人の報酬等の財源が見込めない
⇒申立人に相当額の管理費用を予納させるのが実務。

予納金:50〜100万円程度であるが、小規模庁では30万円程度のところもある。
□    □エ 添付書類 
     
     
  ■3 要件事実 
     
  ■4 手続 
     
     
     
◇    ◇U 特別縁故者に対する相続財産の分与(別表第1) 
■    ■1 概要 
     
  ■2 分与の程度・内容 
  □ア 概要 
    分与の程度・内容は家裁の裁量に委ねられている。
  □イ  特別縁故者が内縁配偶者又は事実上の養親子である場合
    内縁配偶者として相当な期間生計を共にしてきた者⇒残余財産の全部を分与
事実上の養親子の場合も同様。 
     
□    □ウ 特別縁故者が相続人以外の親族である場合 
    相続を期待する立場にない⇒分与割合が5割を超えることはない。
交流期間が短いが献身的な世話をしていた⇒2〜4割
交流期間が緊密で長期にわたる⇒4〜5割
     
  □エ 特別縁故者が親族以外の者である場合 
    親族同様の交流⇒親族と同様
そうでない⇒一般に、親族よりも低い分与割合
     
  □オ 縁故が特定の相続財産に限られている場合 
    その特定の財産を分与し、さらに付与するのか判断
     
  ■3 申立て 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
◆    ◆3 相続に関するその他の調停・審判事件